シマヤッコとスミレヤッコなど小型ヤッコ混泳についての経験談

こんにちはa-yadokariです。

シマヤッコの飼育を始めて間もなく一年になります。

_DSC0501

今いる個体の前にも、飼育していましたが経験不足から大量水替えという暴挙で、PHショックで☆にしたことがあります。当時は、せっかく餌付いて順調であった飼育が、ちょっとした白点に焦った私が一気に水替えをしたことで逆に事故ってしまいました・・・。

今は、白点治療などはっきりいって特に何もしません。あえてやっているとすれば定期的な水替えでしょうか?先日の、ゴマハギも何もしてませんがもうすっかり良くなっています。

_DSC0172

何かトラブルがあったら何かを足すのではなく、そうなった原因を取り除くことでたいてい解決します。原因そのままに、さらに何か足しても原因は温存されてしまいます。

(と有名なアクアリストのショップの方から教わりました)日々勉強です・・・。

と言いつつお守りの「プロバイオティックマリンフォーミュラー」だけは一応持ってはいます・・・最近使っていませんが・・・。(薬じゃないし・・・許して・・・)

ということで、我が家の小型ヤッコは・・・シマヤッコ・スミレヤッコ・ルリヤッコ・チェルブピグミーエンゼルの四種類です。

_DSC0179_DSC0119

_DSC0501_DSC0168

前にフレームもいましたが、気が強い個体で過剰にスミレへちょっかいを出したため隔離・・・。その後は突然☆に。その前には、フレームは、というかタンク全部の魚なんですが、ナマコが死亡し・・・サポニン(毒)で全滅・・・。

IMG_20140916_023530

【これは気の強かったほうのフレームです☆(クリスマス)】

ああ・・・あの時はショックで・・・。あっ!そういえばそれがきっかけで、あこがれのシマヤッコをはじめとする、小型ヤッコ混泳始めたんでした。魚が一匹もいないんですヤドカリとサンゴだけです・・さみしいですもんね。

(ナマコが死んでも、甲殻類とサンゴにはナマコの毒効かないんですよ!みんな元気でした!)

でもって、さっき書いたとおりの魚たちが私のタンクに集まったわけです。

最近は、隆之介くんが「アトイッピキハイケマスヨ・・・」と悪魔のささやきで、ショップツアーのときによく私の心を揺さぶっています・・・。

と経緯はここまでにして、小型ヤッコを導入した順番はシマヤッコ→スミレヤッコ→ルリヤッコ→チェルブの順番です。大きさは、現在は成長し、シマヤッコ>ルリヤッコ≧スミレヤッコ>チェルブの順番です。お互いに干渉はあまりしていなく、特にトラブルは起きていません。シマが王様で、あとはその他大勢みたいな感じです。

_DSC0165

【今日のメインタンク↑】

どのように導入したか・・・それは大きさに差をつけることでした。

セオリーとして、後入れは「いじめられるから少し大きいもの」とかありますが、私はすごく小さいものを入れました。

高校生が幼稚園児を相手に本気で喧嘩することがないように、意識させないぐらい差をつけてやりました。シマ5・5センチでスミレ3センチ弱で投入・・・一切相手にされません。ルリヤッコのときは、かけでしたがシマと形がちょっと違うし…スミレよりは大きいけどシマより小さいし・・と入れました。

(テキトー・・・)

チェルブは購入のとき考えましたが、また極端に小さくこれも2センチ強しかないため安心してポチャン。チェルブ自体もタフなので全く問題なく現在は混泳いでます。

タンクは、過去ブログを見てくれている方はご存じの 30×30×60(H)ですから、決して広くありません、ただライブロックはいっぱい積みあがっていて裏に隙間はたくさんあります。寝る場所もそれぞれが確保できているので争いません。成長して、だんだんと大きさの差はなくなりつつありますが、追い抜くことはないので、大きさの差そのものが縮まっても力関係の順序に変動は出ていません。

個体の性格もありますが・・・私の経験上、ポイントは・・・(小型タンクの場合)。

・性格上おとなしい種類から導入。

・大きさに差をつけること。(中途半端な差は危険ですよー。タンクが広い方はたぶん大丈夫・・)

(極端に小さいものを後から投入、さらにメリットは小さいほうがスレていなく餌付きやすい)

・隠れられるライブロックを多めに入れること。

・水質などで余計なストレスを与えないこと。【水替えでいつも新鮮な水を!】

くらいでしょうか・・・。

※注 でも生き物なのでうまくいくとは限りません・・・ご注意を!

あくまで個人的な経験談です・・・。

 

c181b04b8bd525c3f8761b33f1e4bae8

 

さて、東海汽船さんの黒潮天然海水モニターですが、水槽の調子はいいです!

ハタゴの褐虫藻がもともと抜けかかっていますが調子は良さそうです。(たぶん光が強すぎのようです)

_DSC0171_DSC0187

先にも書いたように、水質がいいのかゴマハギの白点も完治です。水替えしかしてませんよー!

今日は、サンゴに餌をあげました。そしたらスコリミアが饅頭に!!!

_DSC0193

各ゾーンも調子良いですね!

ゆらゆら系

_DSC0174

マメスナ畑・・・スミレがでしゃばりすぎ・・・

_DSC0175

 

チヂミトサカオレンジ

_DSC0184

スタポも脱皮(?)が終わって全開です。色が濃くなった!?

_DSC0173

しんげんさんが紹介してくれていたて黒潮天然海水の裏技・・・自ら!!感激です!私も、アクアリストのためになるブログをもっとかきたいなと思いました!

では300円お得になるキャンペーンコードは<CCMONI8CC>です!

ではまた!

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
a-yadokari

a-yadokari

こんにちは♪a-yadokariです。ヤドカリ一匹からはじまった我が家のタンクもだいぶ様になってきました! マリンアクアリユウムはなかなか奥が深いと思います。長く楽しみながら様々な情報や気付いたことを発信したり勉強したりできればとブログをかいてます。楽しく癒されればと思います! よろしくお願いします!
a-yadokari

最新記事 by a-yadokari (全て見る)

シマヤッコとスミレヤッコなど小型ヤッコ混泳についての経験談” に対して 3 件のコメントがあります

  1. りっくん より:

    なるほど、順番などを考えれば小型水槽でもヤkッコ類は飼えるんですね~
    でもウチの水槽じゃむりかな?ww毎回40%ほどの水換えしちゃってますし、pHショックになっちゃいそう…

  2. しんげん より:

    アトニサンビキイケマスヨ

    1. a-yadokari a-yadokari より:

      マタモヤアクマノササヤキガ・・・マリンアクアリストッテヒトタチハ・・・
      アザッス・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

いたって順調

今年もあとわずか・・・。

サイドオーバーフロー自作。

サイドオーバーフロー…。

今日はマメスナ。

やってもーた!!!!!!

またまた、久しぶりに更新

お久しぶりです!

奇跡的!

全ての記事を確認する