海水魚飼育、サンゴ飼育を始めて一年半!マメスナ飼育について (加筆)

こんにちはa-yadokariです!マメスナについてちょっと後半に加筆しました。

ヤドカリ一匹から始まった我が家のタンクも一年半が過ぎました。相変わらずヤドカリはいっぱい入ってますがそれにもましてマメスナがだいぶ充実してきましたので今回はマメスナの紹介です。

マメスナは飼育が簡単と紹介されていますが、個体によってはなかなか増えないし下手をすれば消滅してしまう場合もあります。私も、いくつかの個体は消滅てさせてしまいました。ポリプの小さいものはその傾向が強いと感じます。光も弱くて良いかと言えば一概にそうとも言い切れません。LEDに蛍光灯を混ぜてあげると割といいと思います。メタハラが一番いいですが・・・。やはりバランスが大切で余り片寄った波長だけだと減少していくか、ボタンポリプのように大きな個体は現状維持はするものの本来の増加スピードには及ばない場合がほとんどです。しかし、一旦慣れて増殖モードとなったらどんどん増えていきます。また、粉末や液体の餌や魚の残り餌などでも増殖します。水質には余りうるさくないのは、そのとうりだと思いますが栄養が多いと色が茶色くすみます。また、ボタンポリプ系はたまに茶色の卵のようなカッチュウソウの塊を吐き出します。いわゆる老廃物だと思いますが…。

我が家のマメスナ畑は、はじめは3~4粒くらいの個体をバディングされたチップごとライブロックに張り付けて始まりました。約一年間週に3日から5日位の割合で餌を与えて 、今の状態になりました!ただし、リン酸塩は高めになりました、これは避けられません。水換えを頻繁にするしかないと思います。

カラーバリエーションも無限に近くコレクション性も高いというのも魅力的です!

最近ちょっと飼育に関して思う事があり加筆します。マメスナの光ですが、ある程度は強くても大丈夫だと考えていましたが、メタハラなどだと直下ではやはり強すぎる感じがします。スペクトルにもよるんでしょうが私の場合スーパークールマリンブルーが全体を網羅していると思ってつけていましたが、少し強すぎのような感じがします。一時期、調子を落としてしまい、光源から離してやると調子が戻りました。なかなか微妙な距離が有るようです。個体によっても違いが有るようです、同じライブロックに着いている違う個体でも調子が良いものと調子をおとすものがあります。ライブロックに着いてから日が浅いものならば、他の原因も大いに有りますが、かなり日がたち、繁殖したあとに光を変えたタイミングで、調子に違いが出てきましたので原因は光の質にあるようです。メタハラ直下でも大丈夫なものや全く駄目なもの個体によっても様々です。マメスナと言えど失敗したくないですね!まだまだ、初心者です。マメスナは奥深いです。

では我が家のマメスナを見てください!

デビルズアーマー

_DSC0171

沖縄産センタースカイブルー

_DSC0173

沖縄産センターメタリックグリーン、エッジピンクリング

左、レッドホーネット

 

_DSC0175

インドネシア産?マスターヨーダそっくり個体。

 

 

_DSC0179

産地不明 不思議な色合いのマメスナ

 

 

 

_DSC0180

DSC_0193

チャイナ産ブルーとチャイナ産イエローリング

_DSC0211

_DSC0136

センターピンクとその他

_DSC0184

_DSC0181 _DSC0185

_DSC0129

マメスナ畑全体

 

_DSC0191

もっと種類はあるのですがなかなかうまく撮れません・・・。

ではまた!

今日のハタゴ

_DSC0204

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
a-yadokari

a-yadokari

こんにちは♪a-yadokariです。ヤドカリ一匹からはじまった我が家のタンクもだいぶ様になってきました! マリンアクアリユウムはなかなか奥が深いと思います。長く楽しみながら様々な情報や気付いたことを発信したり勉強したりできればとブログをかいてます。楽しく癒されればと思います! よろしくお願いします!
a-yadokari

最新記事 by a-yadokari (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

いたって順調

今年もあとわずか・・・。

サイドオーバーフロー自作。

サイドオーバーフロー…。

今日はマメスナ。

やってもーた!!!!!!

またまた、久しぶりに更新

お久しぶりです!

奇跡的!

全ての記事を確認する