ヤドカリについて。

こんちは。a-yadokariです。

今日はヤドカリについて思うことを勝手に書きます。学術的に全て合ってるとは思いません。ヤドカリと言ってもかなりの種類がいます。ヤドカリ科、ホンヤドカリ科、など科がありそのなかで様々属性が別れています。(一番上に上科があって)まあ普通に属性で別れています。 ヤドカリとひとくくりに言っても様々な特徴があり形も様々大きさも様々です。

よく新種がいまだに発見されます。また種類によっては個体変異差が大きくて色や模様も様々です。 我が家のタンクにも図鑑ではなかなか探せないようなものもいます。別に特別取り寄せたわけではなくてミックスでショップに入るものをよーくみて他と違う個体を探して来るだけです。 以前に比べると混ざって来る確率は低いですがたまにはいます。(おそらく採取者がきっちり分けるようになった?)

あと、種類によって入りたがる貝の形に好みが有ります。ルチルスハーミットなんかはカノコガイのような形を好みますし、イモガイヨコバサミなんかはマガキ貝のからをこのみます。ホンヤドカリ、スベスベサンゴヤドカリは比較的なんにでも入ります。ブルーレッグやレッドレッグは細長い物や入り口の小さいものをよくかぶります、たまにケヤリの仲間が作ったチューブ状の穴が空いたサンゴの石ころをかぶっているものもいます。

力はなかなか強いです、大型のものはかなりの力になります。挟まれたらかなりの怪我になってしまうものもいます。小さくてもかなりの力はありますが、大きなライブロックを動かすほどはありません。 掃除力ですがやはりホンヤドカリやイソヨコバサミ等は能力高いです。レッドレッグやブルーレッグは余り働きません期待するならばそれなりに数が必要です。ルチルスハーミットは小さいですがよく働きます。綺麗で働き者はポルカドットハーミットがよく働きます!我が家の水槽の砂とライブロックはヤドカリのおかげでいつもきれいです。残り餌は見たことありません。あっという間になくなります。

小さな力持ちのヤドカリは大きな縁の下の力持ちでした。 オススメはルチルスハーミットやウスイロサンゴヤドカリです。小さいし綺麗ですしおとなしい!アクセントにポルカドットハーミットなんかが居ればかなりきれいですよ♪ DSC_0515   魚やサンゴも華やかですが水槽の中の小さな力持ちをショップで探しだすのも良いのではないでしょうか? 先日アップした不明のヤドカリは「キカイホンヤドカリ」という希少種類でした超ヤドカリ図鑑さんに鑑定していただきました!IMG_20140916_023355-300x267

それでは、水槽全景です。

DSC_0345

 

 

携帯からの写真で写り悪いですがご勘弁を…。

The following two tabs change content below.
a-yadokari

a-yadokari

こんにちは♪a-yadokariです。ヤドカリ一匹からはじまった我が家のタンクもだいぶ様になってきました! マリンアクアリユウムはなかなか奥が深いと思います。長く楽しみながら様々な情報や気付いたことを発信したり勉強したりできればとブログをかいてます。楽しく癒されればと思います! よろしくお願いします!
a-yadokari

最新記事 by a-yadokari (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

久々に❗

いたって順調

今年もあとわずか・・・。

サイドオーバーフロー自作。

サイドオーバーフロー…。

今日はマメスナ。

やってもーた!!!!!!

またまた、久しぶりに更新

お久しぶりです!

全ての記事を確認する